メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車いすの日常、動画配信 排せつ、性、恋愛……赤裸々に 鶴岡・渋谷さん /山形

動画投稿サイト向けに撮影をする渋谷真子さん=山形県鶴岡市で2019年10月(本人提供)

 「今回はセックスの話をします」「排せつのコントロールは難しい」。動画で明るく語る鶴岡市の渋谷真子さん(29)は、医師でもなければ看護師でもない。転落事故により26歳で突然、車いす生活になった。体験を基に、タブー視されがちな話題にも踏み込み「障害者の現実を知って」と積極的に発信を続ける。

 かやぶき屋根を修理する家業を継ぐため、見習いとして働き始めた3カ月後、作業中に足を滑らせ、高さ約3メートルの屋根から転落。脊髄(せきずい)損傷で下半身まひになった。

 半年に及ぶ入院中、インターネットで車いす生活について調べた。見つかるのは医学の論文ばかり。国内では毎年約5000人が事故などで脊髄を損傷するとされるが、当事者目線の情報は少なく「自宅に戻ってからのイメージが湧かなかった」。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

  2. 「プーチンは泥棒だ」露のデモ、100都市以上で 政権の求心力低下浮き彫り

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 中国軍機28機、台湾南西部の防空識別圏に進入 異例の規模、米国反発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです