東日本大震災

震災テーマに講演 あきる野・御堂中 毎日新聞写真記者 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
震災当時の紙面を示しながら、当時の体験や取材を語る手塚記者(右奥)=東京都あきる野市立御堂中学校で2020年11月7日、木田兼治副校長撮影
震災当時の紙面を示しながら、当時の体験や取材を語る手塚記者(右奥)=東京都あきる野市立御堂中学校で2020年11月7日、木田兼治副校長撮影

 あきる野市の市立御堂中学校(三浦利信校長)で7日、毎日新聞東京本社・写真映像報道センターの手塚耕一郎記者が、道徳授業の一環で「写真に学ぶ~報道カメラマンの仕事と東日本大震災~」をテーマに講演した。

 講演は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、学年ごとに3回に分けて行われた。手塚記者は大津波に遭遇…

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文267文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集