ブランド米「するがの極」学ぶ 沼津・大平小で特別授業 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
稲村弘義さん(左)の指導で軟式ボールを使ってもみすりをする5年生=静岡県沼津市立大平小学校で2020年11月11日、石川宏撮影
稲村弘義さん(左)の指導で軟式ボールを使ってもみすりをする5年生=静岡県沼津市立大平小学校で2020年11月11日、石川宏撮影

 JAなんすんのブランド米・するがの極(きわみ)について学ぶ特別授業が11日、沼津市立大平小5年1組で開かれた。子どもたちは、するがの極専門部会長、稲村弘義さん(64)らから米ができるまでを学び、手作業の脱穀やもみすりを体験した。

 するがの極は「きぬむすめ」のうちJAが定める厳しい基準を満たしたブランド米。もちもちした食感や冷めてもおいしい…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文428文字)

あわせて読みたい

注目の特集