メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支援学校卒業生、長期勤続を表彰 京都、雇用企業も /京都

鈴鹿且久代表(右)から表彰状や感謝状を贈られる、勤続10年の卒業生(左)と雇用企業の担当者=京都市下京区で2020年11月11日午後1時48分、南陽子撮影

 「障害のある市民の雇用フォーラム」が11日、京都市下京区の市総合教育センターであった。市立の総合支援学校と京都教育大付属特別支援学校を出て就職し、勤続10年・5年を迎えた卒業生計70人に表彰状が、雇用主の企業など計62団体に感謝状が贈られた。

 20の団体による「総合支援学校生徒の進路開拓をめざす『巣立ちのネットWORK』」が発足した1994…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 宇都宮大が2次試験中止 共通テスト成績などで合否 「受験生の健康最優先」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. リオのカーニバル中止 7月延期でも「不可能」 新型コロナ

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです