メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

立冬から10日もたつと…

[PR]

 立冬から10日もたつと「雉(きじ)が海に入って大(おお)蛤(はまぐり)になる」そうである。1年を72に区切って季節の移り変わりを表す「七十二候」の話である。そんなバカなと思われるのも当然だが、古代中国の書物にそうあるのだ▲春には「獺(かわうそ)が魚を祭る」ころもあって、「獺祭(だっさい)」という言葉を残している。「鷹(たか)が鳩(はと)に姿を変える」「田鼠(でんそ)(モグラ)が鶉(うずら)になる」ころも春である。秋の「雀(すずめ)が海に入って蛤となる」ころは、「雉から大蛤」の変身の小型版であろう▲唐代中国版の七十二候が記すこれらの奇想だが、近世にできた日本版は腐った草がホタルになるというもの以外は実際の自然の変化を記している。雀や鷹の変身や獺の祭りが今に伝わるのは、俳人らが季題として喜んで用いたからだ▲気象庁は季節の移り変わりを示す動植物の変化を調べる「生物季節観測」を来年から大幅に縮小する。ウグイスの初鳴きやツバメの初見など23種24現象の動物観測はすべて廃止され、植物観測も桜の開花など6種9現象に減らされる▲七十二候の昔から季節の移ろいを教えてくれた鳥や虫たちからの便りは切り捨てられてしまうのか。気象庁は都市化で気象台周辺での観測ができなくなっていると釈明する。ちなみに生物季節観測が始まったのは1953年のことだ▲思えばわずかな間に季節を告げる小さな自然を身の回りから失ってしまった日本人である。気象庁がそれを見る目、聞く耳をもたないというのなら、市民のネットワークで新たな七十二候を記すしかない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです