メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

祝電遅らす深慮遠謀=坂東賢治

中国の習近平国家主席=AP

 <moku-go>

 多くの人命が失われた文化大革命(1966~76年)は中国人にとって暗い記憶だが、当時歌われた文革歌謡は今も人気だ。

 日本で言えば懐メロだ。国歌に準じる存在だった「東方紅(とうほうこう)」に次いでカラオケで人気なのが「大海の航行は舵手(だしゅ)を頼りに」だ。

 毛沢東の個人崇拝が極限に達した時期。「舵手」は毛沢東を意味し、中国という巨大船舶をナビゲートする指導者をたたえている。

 その「舵手」が10月下旬に開かれた中国共産党の中央委員会第5回総会(5中全会)で習近平国家主席を指す言葉として復活した。習氏を内外の荒波を乗り越えるための「核心的なナビゲーター、舵手」と位置づけたのだ。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです