メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

本当に知ってる?ヘルプマーク 見えぬ内部障害に理解を=倉岡一樹(東京地方部)

「ヘルプマーク」(左)と障害者手帳は、どこへ行くにも手放すことができない=倉岡一樹撮影

 私(43歳)は慢性腎不全を患い、昨年8月に母からの生体腎移植手術を受けた。その体験記「母からもらった腎臓」を今年5~10月、ニュースサイト「医療プレミア」で連載した(一部地域面で連載中)。ここでは現在直面している困難と不安を記したい。

付けているのに譲られない座席

 私は身体障害者手帳1級を持つ「重度障害者」である。障害名は「腎臓機能障害」で、外見では分からない「内部障害」の一つだ。内部障害は心臓や呼吸器、腎臓などの臓器や器官、免疫機能の障害を指し、総数が約124万人。身体障害者(約428万人)全体のおよそ3割を占める(いずれも推計値)。

 職場復帰から約1年。状態も安定し、腎臓を提供してくれた母も元気だ。とはいえ腎機能は今も40%程度で、以前とは疲れやすさや疲労の度合いも違う。会社や取材の行き帰りに公共交通機関を使う際は立つのがつらく、優先席を頼る機会も多い。

この記事は有料記事です。

残り1459文字(全文1843文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです