メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾンに違法警告 出品者のデータ使用 欧州委

 欧州連合(EU)欧州委員会は10日、米ネット通販大手アマゾン・コムに対し、同社が運営する「マーケットプレイス」に出品する小売業者の販売データを収集・使用するのはEU競争法(独占禁止法)に違反するとして、違法性を警告する「異議告知書」を送ったと発表した。欧州委はアマゾン側の言い分を踏まえ、制裁金を科すかどうか最終的な判断を下す。

 欧州委は2019年7月、アマゾンによる情報収集に問題があるとみて調査を開始した。欧州委によると、アマゾンは出品者の販売状況など非公表データを収集し、売れ筋商品を把握。マーケットプレイス内で自社の販売商品を目立たせるなどして、出品者に損害を与えているとした。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです