メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 個性輝く、ダンス見せ合う=越智貴雄

<右>2部門で優勝した21歳のMIZUKIさん。表彰式で「超~気持ちいい!」と喜びを爆発させた<左>プロダンサーの大前光市さん=写真家・越智貴雄さん撮影

 文化の日の3日、国内で初めて障害のある人のみが参加できるブレークダンス大会が大阪で行われた。

 パラリンピック開会式の入場行進で、松葉づえを使用した選手が激しいブレークダンスを披露したり、開閉会式の演目で、切断者や車いす使用者があっと驚くダンスやパフォーマンスを行ったりするのはおなじみの光景だったので、障害のある人のダンス大会を間近で見てみたいという興味があった。

 大会が開催されたのは、障害者専用スポーツ施設としてつくられた長居障がい者スポーツセンター。ソロと2on2の2種目が行われ、20人の参加者がダンスバトルを繰り広げた。

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです