メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

支える2020 講演「あすチャレ!メッセンジャー」 ノウハウ伝授、認定制度

オンラインで行われた修了講演に臨む車いすラグビーの壁谷知茂=日本財団パラリンピックサポートセンター提供

 パラスポーツを支援する日本財団パラリンピックサポートセンター(パラサポ)は、スピーチの訓練を受けたアスリートに企業や学校で講演してもらう「あすチャレ!メッセンジャー」を展開している。東京パラリンピック開催決定後、国内では共生社会実現への機運が徐々に高まり、この2年あまりで聴講者は3万人を超えた。

 話の内容がしっかりと届いているか自信がない――。複数のアスリートからそんな相談が寄せられ、2017年に制度を始めた。協働するコン…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

  3. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  4. 嘉穂劇場の運営団体解散へ コロナで経営難、30日決議 福岡・飯塚

  5. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです