メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツ最前線 パワーリフティング 飛沫対策に試行錯誤 試技中のマスク着用義務化

マウスガードを着用してバーベルを挙げる選手=京都府城陽市で2020年10月4日(日本パラ・パワーリフティング連盟提供)

 開幕まで300日を切った東京パラリンピックに向け、国内では徐々に大会が再開している。10月3、4日には、新型コロナウイルスの感染拡大以降、障害者スポーツの屋内競技では初の全国規模の大会となったパラパワーリフティングの「チャレンジカップ京都」が京都府城陽市で開催された。

 胸まで下ろしたバーベルを垂直に押し上げると、マスク越しの顔はみるみる紅潮。「ウォー」という雄たけびが会場に響いた。

 大会には男女計31人が出場。今年2月以来の国内公式戦で、コロナ感染拡大以降、この競技では世界初の国際団体公認の大会となった。大会は無観客で行われ、競技はインターネットでライブ中継された。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米感染者2500万人超す 死者は41万人超 いずれも世界最多

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. ORICON NEWS 香取慎吾、『おはスタ』5年ぶり出演で笑顔「おーはー」「おっはー」 瑛人の「香水」歌い出す

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです