案里議員公判、年内にも結審 保釈後、初の出廷

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、東京地裁(高橋康明裁判長)は11日、公職選挙法違反に問われた参院議員、河井案里被告(47)に対する検察側の論告求刑を12月15日、弁護側の最終弁論を同23日にそれぞれ実施することを決めた。年内にも結審し、年明けに判決が言い渡される見通し。

 11日は、案里議員が10月27日に東京…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文242文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集