国民・玉木氏、国民投票法改正案、今国会での採決を容認 ネット広告規制検討が条件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民民主党の玉木雄一郎代表=東京都千代田区で、北山夏帆撮影
国民民主党の玉木雄一郎代表=東京都千代田区で、北山夏帆撮影

 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日の記者会見で、与党が早期成立を目指す国民投票法改正案について、国民が独自案に盛り込んでいるネット広告規制を今後も検討することを条件に、今国会での採決を容認する考えを示した。立憲民主党などは採決に慎重で、野党の足並みが乱れかねない。

 玉木氏は会見で「改正案の食い逃げは容認…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文321文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集