地銀再編促進へ交付金 政府、21年夏にも創設へ、システム統合費用など補助

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
霞が関の官庁街(手前)=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影
霞が関の官庁街(手前)=東京都千代田区で、本社ヘリから宮武祐希撮影

 政府が地方銀行や信用金庫の経営統合や合併に対し、システム統合などの費用の一部を補助する交付金制度を2021年夏にも創設する方針を固めたことが12日、分かった。厳しい経営が続く金融機関の経営安定化に向けて、再編を促進する狙いだ。

 地域経済を支える地銀などの金融機関は、長引く低金利と人口減少で経営環境…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文207文字)

あわせて読みたい

注目の特集