メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーレーンのハリファ首相死去 84歳 半世紀近くにわたり在職

バーレーンのハリファ・ビン・サルマン・ハリファ首相=2007年7月(ロイター共同)

 バーレーン国営通信によると、ハリファ・ビン・サルマン・ハリファ首相が11日朝、治療を受けていた米国の病院で死去した。84歳だった。死因は明らかにされていない。ハマド国王の叔父で、1971年8月の独立以来、半世紀近くにわたり在職した。

 ハリファ首相は35年生まれ。ロイター通信はドイツでも治療を受け、…

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文250文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです