メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

若き福沢諭吉の新資料 長崎留学費に父の蔵書売却 慶応義塾と大分・中津市が共同調査

福沢諭吉

[PR]

 慶応義塾の創設者で大分県中津市ゆかりの福沢諭吉が、19歳で蘭学を志して長崎に留学した際、費用捻出のため遠戚に父の蔵書を売却していたことが分かった。蔵書も発見され、中津市教委は「立身出世を志した諭吉の青年時代を物語る貴重な資料」としている。【宮本勝行】

「福沢家蔵」の印が一致

 見つかった書籍は、古代中国の荘子の思想を解説した漢籍「荘子因」で6巻あった。中津藩の国学者、渡辺重名の子孫が三重県内で保管していた漢籍3000点など数千点の中から見つかった。資料について昨年、同塾福沢研究センターに相談があり、中津市とも関係が深いことから共同で調査していた。

 同塾には、重名の孫で諭吉と同世代の重石(いかり)丸による未発表の草稿(コピー)があり、「福沢は長崎行きを思い立ち、家蔵の漢籍を売却した。私は書籍を購入し現存する」などと記されているため漢籍を調べて見つかった。6巻に押された「福沢家蔵」の印が、同塾などにある書物の印と一致した。

 諭吉が1歳の時に亡くなった父の百助は身分の低い武士だったが、学問好きだった。「福翁自伝」によると1500冊もの蔵書を持っていた。

 長崎留学後、大阪で緒方洪庵の下で蘭学を学んだ諭吉が再び適塾に戻る際、福沢家の借金40両返済のため、13冊を残して15両で臼杵藩に買ってもらったとの記述がある。だが、荘子因売却は福翁自伝には出てこない。

 中津市文化財室の松岡李奈学芸員は「福沢家の家計が苦しいのは有名で、長崎留学の費用の出所も分かっていなかった。今回の発見で諭吉の中津時代の経済状況、暮らしぶりが明らかになった」と話す。

 書籍は渋沢栄一にあてた諭吉の書簡などと共に14日~来年1月9日、中津市歴史博物館と福沢記念館で開かれる企画展「福沢諭吉の書」で展示される。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです