「市は市長に2億5000万円請求を」 東京・日野の道路工事巡り、地裁命令

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 東京都日野市がごみ運搬用の道路に関して違法な工事契約を結んでいたとして、日野市民84人が、大坪冬彦市長による賠償を求めた住民訴訟の判決で、東京地裁(清水知恵子裁判長)は12日、市に対し、大坪市長に約2億5000万円を請求するよう命じた。

 判決によると、日野市は2015年12月、ごみ処理場に出入りする廃棄物運搬車両が通る専用道路を、市が管理する公園内に整備する方針を…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集