メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

東京地裁立川支部=東京都立川市緑町で2020年10月12日午後0時30分、林田奈々撮影

 神奈川県座間市のアパートで2017年に男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交等殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)は12日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で開かれた裁判員裁判の被告人質問で、逮捕後に自白した理由を「すごく迷ったが、部屋に証拠が残っており、観念した」と述べた。

 事件は、9人目の被害者とされる東京都八王子市の女性(当時23歳)が殺害された1週間後の17年10月30日に発覚した。女性を捜していた警視庁高尾署が、白石被告の自宅から9人の遺体を発見。白…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 高齢者施設のクラスター封じ込めへ 大阪府「スマホ検査センター」12カ所に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです