連載

ファクトチェック

「非党派性・公正性」などの国際的原則のもと、社会に広がる情報が事実かどうかを調べ、正確な情報を読者に伝えます。

連載一覧

ファクトチェック

ペンシルベニアでの「バイデン氏当確取り下げ」 フジ解説委員が誤情報を記事化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
平井文夫・フジテレビ報道局上席解説委員が誤情報を引用した記事が載っていたベージ。記事は削除された。
平井文夫・フジテレビ報道局上席解説委員が誤情報を引用した記事が載っていたベージ。記事は削除された。

 バイデン前副大統領が当選確実となった米大統領選挙に関し、米国の主要政治サイト「リアル・クリア・ポリティクス」(RCP)が「激戦州ペンシルベニア州でのバイデン氏の当選確実を取り消した」との誤情報が日本語圏のSNSなどでも広く拡散したが、これをフジテレビ報道局の平井文夫上席解説委員が11日、フジテレビのウェブサイトに執筆した記事で紹介。いったん訂正した上で、記事そのものを削除していた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

 この誤情報はトランプ大統領の側近で弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長が日本時間の10日午前10時前にツイート。政権の初代報道官だったスパイサー氏も十数分後に同様の投稿をした。しかし、その25分後にRCPのベバン社長がジュリアーニ氏のツイートを引用して「間違いだ。ペンシルベニアで当確を打っていない」などと否定し、スパイサー氏はこの約1時間20分後に「訂正」を流した。

 一方、翌11日の昼ごろにフジテレビのサイトに掲載された平井氏執筆の記事には「昨夜面白いニュースが入ってきた。…

この記事は有料記事です。

残り658文字(全文1111文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集