特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

物言うアスリート、新谷仁美 一時引退した3年間で悟った真実

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性アスリートの体の問題についてもSNSなどで積極的に発信する新谷仁美=東京都内で2020年10月6日午後2時55分、小林悠太撮影
女性アスリートの体の問題についてもSNSなどで積極的に発信する新谷仁美=東京都内で2020年10月6日午後2時55分、小林悠太撮影

 陸上女子ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(32)。中長距離のエリート街道を歩いていたが、その生活をいったんやめた。選手としてピークを迎えるはずの20代半ば。パチンコ関連企業で事務職として3年間働き、物言うアスリートに変身を遂げたのだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大で来夏に延期され、開催可否の世論を二分する東京オリンピックにもはっきりと意見を示す。「五輪はお祭りでみんなが楽しくなる場所。反対の人を抑え込んでやるべきだとは思わない。選手も『やりたい』と言うだけでなく、現実を見て、反対される理由も耳にした上で開催を求める意見を表明すべきです」。コロナ下の五輪の価値にも「結果だけでなく、人間性も見られます。どう伝えるか難しいが、金メダルを取る以外の重要なことを示せる五輪になるはず」と思いを巡らせる。

 岡山・興譲館高では全国高校駅伝の花の1区で3年連続区間賞。実業団入り後は日本代表の常連となった。しかし、初出場の2012年ロンドン五輪後に右足底筋膜炎となり、医師から「手術をしても治るか五分五分」と告げられると「治るか分からないのならばやらない」と決意した。その後、13年の世界選手権1万メートルで5位入賞したものの、世界トップとの差を感じ「五輪のメダルは難しい」との思いは変わらず、14年1月に2…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1639文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集