楽天、石井GMが「全権監督」に 「何を言われようが、ぶれずにしっかり」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインでの記者会見で意気込みを語る楽天の石井一久新監督(左)と立花陽三社長=球団提供
オンラインでの記者会見で意気込みを語る楽天の石井一久新監督(左)と立花陽三社長=球団提供

 プロ野球・楽天は12日、三木肇監督(43)が退任し、ゼネラルマネジャー(GM)の石井一久氏(47)が監督に就任すると発表した。GMを兼任し、チーム補強などにも携わる「全権監督」となる。複数年契約の見込み。今季、就任1年目だった三木監督は2軍監督に就任する。石井新監督はオンラインでの記者会見で「何を言われようが、ぶれずにしっかりまい進していきたい」と語った。

 今季の楽天は大型補強した戦力を生かし、前半戦は上位争いを演じたが、後半戦で失速して4位に終わり、2年連続のクライマックスシリーズ進出を逃した。立花陽三球団社長は「(石井新監督は)ずっとチームを見てきて選手をよく知っている。(今季は)1点差で負けることが多かった。来季はそういうことがないように厳しく野球をやってほしい」と期待した。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文492文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集