特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

アロハシャツからユニホームへ デイサービス業が都市対抗進出 野球で人材確保を

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平日はアロハシャツ姿で高齢者と触れ合う加藤頼主将(奥右)と久保田倫太郎投手=東京都葛飾区の「デイサービスリゾートハナマウイパームス」で2020年10月23日午後1時15分、浅妻博之撮影
平日はアロハシャツ姿で高齢者と触れ合う加藤頼主将(奥右)と久保田倫太郎投手=東京都葛飾区の「デイサービスリゾートハナマウイパームス」で2020年10月23日午後1時15分、浅妻博之撮影

 会社のPRより人材確保――。そんな思いで社会人野球チームを創設した介護サービス事業者が注目を集めている。22日に東京ドームで開幕する第91回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)に創部2年目で予選から初参戦し、初めて代表切符を勝ち取った「富里市(千葉)・ハナマウイ」だ。米ハワイのリゾート地をイメージした施設でアロハシャツ姿の職員がデイサービスを展開する介護業界の異端児が、「社会人野球」に着目した背景とは。【浅妻博之】

 ヤシの木が植わる庭にジェットバスを備えた浴室。陽光が降り注ぐ広い部屋には白いソファが置かれ、ゆったりとした時間とともに優雅な雰囲気を味わえる。異色のコンセプトを打ち出した森賢司社長(64)は「ハワイはみんなが何度も行きたがる楽園。…

この記事は有料記事です。

残り1287文字(全文1619文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい