東日本大震災

福島第1原発事故 浪江にカントリーエレベーター 稲作再生へ来秋完成 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浪江町苅宿地区に完成予定のカントリーエレベーター=福島県浪江町提供
浪江町苅宿地区に完成予定のカントリーエレベーター=福島県浪江町提供

 福島第1原発事故の避難指示が2017年3月に一部で解除された浪江町で、収穫したコメの乾燥や貯蔵などができるカントリーエレベーター2基が初めて建設されることになり12日、安全祈願祭が開かれた。来年9月に完成し、来年産米からの稼働を予定。農業の再生を加速させる。

 浪江町は原発事故前、約1250ヘクタールの水稲の作付面積があったが、現在は89ヘクタールにとどまる。町によると、事故前は町内にカン…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集