メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

畳縁キット×鬼滅の刃 倉敷のメーカー、コラボ商品販売 座って「全集中」して /岡山

置き畳の竈門炭治郎バージョン=高田織物提供、Ⓒ吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 畳の縁に使われる布「畳縁(たたみべり)」の国内トップメーカー・高田織物(倉敷市)が、映画も大ヒット中の人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」とコラボレーションした「置き畳」と「畳縁キット」を販売している。フローリングの床が増えたことや、イグサ農家が減ったことなどから畳の生産量が年々減少する中、同社の高田尚志社長(39)は「コラボで畳業界全体が盛り上がったらうれしい」と話している。【益川量平】

 置き畳は半畳サイズ(縦横約82センチ、厚み約2センチ)で6種類あり、畳縁を主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)や妹の禰豆子(ねずこ)など主要キャラクターの着物などをイメージしたデザインにした。ハンドメード素材として使える「畳縁キット」(幅約8センチ、長さ約1・5メートル)は、同様の6種類を2個1組にした3セットを用意した。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです