メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本ラリー「Sammyツール・ド・九州㏌唐津」無観客で開催 新型コロナで延期27、28日 /佐賀

最終戦6クラス55台

 JAF全日本ラリー選手権の第3戦「Sammyツール・ド・九州2020㏌唐津」が27、28両日、唐津市を中心に開かれる。昨年は「ギャラリー観戦」など2日間で約3500人の観客を受け付けたが、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で開催する。応援フラッグなどの配布を禁止し、恒例の唐津神社安全祈願祭や表彰式も取りやめた。

 当初は例年通り4月開催を予定していたが、新型コロナの影響で延期していた。排気量別など6クラスに計55台がエントリー。全国を転戦する今季全10戦のうち6戦が中止となり、日程的に第3戦の唐津大会が最終戦となった影響で、過去最大規模に増えたという。唐津市を起点に伊万里市を含む304.64キロのコースを設定し、林道を中心に2日間で11区間計72.56キロのタイムを競う。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  3. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  4. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです