「尖閣は安保適用対象」 バイデン氏、異例の言及 首相と電話協議

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相は12日、米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領と初めて電話協議した。バイデン氏は沖縄県・尖閣諸島が対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用対象になると表明。大統領就任前の言及は異例だ。中国を念頭に、政権交代後も日米抑止力を緩めない姿勢を明確にした。

 協議は15分間程度行われた。首相は協議後、記者団に「バイデン氏からは、安保条約第5条の適用についてコミットメント(確約)する旨の表明があった」と説明した。政府の説明によると、尖閣…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

あわせて読みたい

注目の特集