メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

誰も悪くないんだよ=小倉孝保

 <kin-gon>

 古代ケルトの暦では、新年は11月にスタートする。つまりハロウィーン(10月31日)は大みそかなんです。アイルランドやスコットランドなどに暮らすケルトの伝承によると、その夜、あらゆる霊魂が自由になる。だから死霊をだまそうと人々が仮装し、子どもは妖精の格好をするようになった。

 埼玉県所沢市の清川慶子さん(57)にとってハロウィーンは特別な日である。次女、千里(せんり)さんとの最後のパーティーがこのイベントだった。

 幼いころから自分を「ちゃん」と呼んだ彼女の脚に骨肉腫が見つかったのは、小学校卒業を控えた2010年2月である。バレエとチアリーディングが好きで、明るく活発な子だった。がんはすでに肺に転移し、医師の見立ては余命3~6カ月だった。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです