行政手続きの押印、99%超を廃止へ 関連法案を通常国会に 河野行革相が表明

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院内閣委員会で答弁に臨む河野太郎行政改革担当相=国会内で2020年11月13日午前10時3分、竹内幹撮影
衆院内閣委員会で答弁に臨む河野太郎行政改革担当相=国会内で2020年11月13日午前10時3分、竹内幹撮影

 河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、行政手続きで必要な押印の99%超を廃止する方向が決まったと明らかにした。「本人確認認証にならない認め印は全て廃止だ」と述べた。来年の通常国会に関連法案を提出する。

 廃止の方向となったのは行政手続きで押印が必要な1万4992種類の99%超に相当する1万49…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文294文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集