香港の議員資格剥奪 英外相「共同宣言に違反」と批判

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英国のラーブ外相は12日、声明を発表し、香港立法会(議会)の民主派議員4人の議員資格剥奪は、返還後も香港に高度の自治を約束した1984年の中英共同宣言に違反する行為だと批判した。英メディアによると、英政府は「深い懸念」を伝達するため、中国の劉暁明駐英大使を呼び出した。

 ラーブ氏は声明で「英国は、香港の人々のために立ち上がり、彼らの権利と自由を侵害する(いかなる)行為も非難する…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集