パリ同時多発テロ5年 コロナで追悼行事中止「気持ちに区切りつかない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2015年11月のパリ同時多発テロ事件で標的の一つとなったバタクラン劇場=フランスで2017年11月、真野森作撮影
2015年11月のパリ同時多発テロ事件で標的の一つとなったバタクラン劇場=フランスで2017年11月、真野森作撮影

 130人が犠牲となった2015年11月のパリ同時多発テロの発生から5年となった13日、事件現場でフランスのカステックス首相やパリのイダルゴ市長らが献花した。フランスでは9月以降、イスラム過激思想に関連するとみられるテロ事件が相次ぎ、テロへの警戒を強める中での開催となった。

 新型コロナウイルスの感染拡大により全土で外出制限が続いているため、予定されていた追悼行事は中止された…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集