繁華街の路地に67メートルの詩 テーマは「春」 コロナでまだ遠く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
路地裏に描かれた最果タヒさんの作品「詩の加速」=さいたま市大宮区で2020年11月11日、大平明日香撮影
路地裏に描かれた最果タヒさんの作品「詩の加速」=さいたま市大宮区で2020年11月11日、大平明日香撮影

 <私の加速に一番ふさわしい季節。春って。>

 居酒屋などがひしめく埼玉県のJR大宮駅前の繁華街・南銀座通り(南銀)の路地裏に入ると、路面に描かれた長さ67メートルの詩に出会う。旧大宮区役所などで各種のアート作品を15日まで公開しているさいたま国際芸術祭のため、制作された最果タヒさんの作品だ。「まちな…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

ニュース特集