メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この国に、女優・木内みどりがいた

<12>「表現の不自由展」やNHK報道について語ったこと

「市民のための自由なラジオ Light UP!」の収録をする木内みどりさん(右)と永田浩三さん=東京都墨田区で2017年3月(放送は4月、写真はいずれも四國光さん提供)

 女優の木内みどりさんは、自分が興味を抱いた人の「追っかけ」をしていた。その一人に、NHK在籍時にディレクターやプロデューサーとして数々のドキュメンタリー番組を手がけ、2009年に武蔵大教授(社会学)に就任した永田浩三さん(65)がいる。「表現の不自由展~消されたものたち」(15年)を企画したことでも知られる永田さんの目に、木内さんの姿はどう映っていたのだろうか。【企画編集室・沢田石洋史】

NHKのOBで社会学者の永田浩三さんの「追っかけ」に

 今月、木内さんの一周忌(18日)を前に、彼女の死生観に触れることができる本「あかるい死にかた」(集英社インターナショナル)が出版された。生前に書いたエッセーや、ラジオでのゲストとの対談などを収め、木内さんが「追っかけ」をした人たちの名前も書かれている。

 その一人の永田さんは、東京都練馬区の「ギャラリー古藤(ふるとう)」で木内さんと出会った。東日本大震災後に開いてきた「江古田映画祭」でのことだった。永田さんは映画祭の実行委員会の代表を務めており、毎年3月11日の前後に「3.11福島を忘れない」をテーマに、主にドキュメンタリー映画を上映している。ゲストを招いてのトークショーなども行っている。

 木内さんが初めて会場を訪れた日は、永田さんに聞いてもはっきりしない。ただ、木内さんが17年4月放送のコミュニティーFMの番組「市民のための自由なラジオ Light UP!」に永田さ…

この記事は有料記事です。

残り3953文字(全文4564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 60歳以上へのワクチン優先接種、死者減に効果 米コロラド大などが分析

  2. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  3. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  4. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た「第3波を防げなかった理由」

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです