空き家が観光スポットに再生 小林和作賞に「ガウディハウス」のNPO 広島・尾道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豊田雅子さん=広島県尾道市三軒家町で2020年2月22日午後2時30分、渕脇直樹撮影
豊田雅子さん=広島県尾道市三軒家町で2020年2月22日午後2時30分、渕脇直樹撮影

 広島県尾道市の芸術文化振興に寄与した個人・団体に贈られる2020年度の小林和作賞に、NPO法人「尾道空き家再生プロジェクト」(豊田雅子代表理事)が選ばれた。「尾道ガウディハウス」(三軒家町)など価値の高い建築物の修復保存や芸術家を支援する取り組みが評価された。【渕脇直樹】

 豊田さんは07年5月、雨漏りやシロアリによる腐食が進んでいた木造2階建てのガウディハウスを私費で購入。プロジェクトの第1号として13年かけて再生させた。これまでに再生した物件は18…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集