メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナウイルス、変異で感染力強く 東大教授らが米科学誌に発表

新型コロナウイルスの透過型電子顕微鏡写真=米国立アレルギー感染症研究所提供

 現在世界で流行中の新型コロナウイルスは、初期のウイルスに比べ、変異によって感染力が強くなったことをハムスターの実験で確かめたと、河岡義裕・東京大医科学研究所教授らのチームが、13日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 新型コロナは当初、中国・武漢市で流行したが、チームによると、感染に関わるたんぱく質が変異したウイルスが出現。この変異ウイルスが欧州を起点に世界へ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文462文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン期待、東証大幅反発

  2. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

  3. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  4. 野球殿堂候補 新たに山本昌、谷繁元信両氏ら11人 水島新司氏は辞退

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです