香川で4例目の鳥インフル確認 3例目と同じ会社が経営の養鶏場 1万羽殺処分へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
香川県庁=高松市番町4で2019年2月19日、岩崎邦宏撮影
香川県庁=高松市番町4で2019年2月19日、岩崎邦宏撮影

 国内で今季4例目の鳥インフルエンザ感染の疑いが出ていた香川県三豊市の養鶏場について、県は13日、遺伝子検査で感染が確認されたと発表した。感染力の高い高病原性とみられる。4例とも香川県内で確認された。約4・2キロ離れた3例目の養鶏場と同じ会社が運営している。7日以降、市内の同じ工場に卵を出荷しており、県や農水省は人や車両の往来があったとみて感染との関連を調…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

ニュース特集