ノーベル物理学賞・小柴昌俊さん死去、94歳 ニュートリノ観測成功

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小柴昌俊さん 94歳=東京大特別栄誉教授、ノーベル物理学賞(11月12日死去)
小柴昌俊さん 94歳=東京大特別栄誉教授、ノーベル物理学賞(11月12日死去)

 超新星爆発に先立って飛来する素粒子ニュートリノを観測する天文学に道を開き、2002年にノーベル物理学賞を受賞した東京大特別栄誉教授の小柴昌俊(こしば・まさとし)さんが12日、死去した。94歳。東京大が明らかにした。

 1926年、愛知県豊橋市生まれ。東京大理学部物理学科4年の時、湯川秀樹氏のノーベル賞受賞を記念して創設された「湯川奨学金」を取得。大学院に進み、宇宙線の実験を始めた。55年に博士号を取得し、70年には教授に就任した。

 78年、岐阜県神岡町(現飛驒市)にある鉱山の地下1000メートルに3000トンの水をたたえた巨大装置「カミオカンデ」の建設を発案。研究グループを率いて83年から観測を始めた。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文791文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集