奈良・大神神社で大杉玉を掛け替え 「おいしい酒造られるように」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新しい大杉玉に札を付ける巫女=桜井市の大神神社で2020年11月13日午前9時25分、広瀬晃子撮影
新しい大杉玉に札を付ける巫女=桜井市の大神神社で2020年11月13日午前9時25分、広瀬晃子撮影

 酒造りの守り神としても知られる奈良県桜井市三輪の大神(おおみわ)神社で13日、拝殿などにつるされている二つの「大杉玉」が掛け替えられた。14日には新酒醸造の無事を祈る「醸造安全祈願祭(酒まつり)」が営まれる。

 大杉玉は直径約1・5メートル、重さ約200キロで、毎年、神社の職員らが三輪山の杉を使って…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集