野口さん搭乗 新型宇宙船「クルードラゴン」 15日午前に打ち上げへ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ケネディ宇宙センターであいさつする野口聡一宇宙飛行士=2020年11月8日、ロイター
ケネディ宇宙センターであいさつする野口聡一宇宙飛行士=2020年11月8日、ロイター

 米スペースX社の新型宇宙船「クルードラゴン」が14日(日本時間15日)、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、野口聡一宇宙飛行士(55)ら4人が搭乗して国際宇宙ステーション(ISS)に向かう。野口さんは米国人以外で初のクルードラゴン搭乗となり、「米国が主導する宇宙開発の利益を他の国に広めたい。米国人以外の74億人のために扉を開ける」と意気込んでいる。

 クルードラゴンは民間主体で開発された初めての有人宇宙船で、5月に米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せて打ち上げられ、試験飛行に成功した。今回は本格的な運用段階の初号機という位置づけになり、ミッションは「クルー1」と銘打たれている。スペースXは将来、民間人をクルードラゴンに乗せる計画を持つ。

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文887文字)

あわせて読みたい

注目の特集