特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

#排除する政治~学術会議問題を考える

「後衛」を拒絶する政府の危うさ 永田和宏さん「学問そのものの否定だ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに応じるJT生命誌研究館の永田和宏館長=大阪府高槻市で2020年11月5日、菱田諭士撮影
インタビューに応じるJT生命誌研究館の永田和宏館長=大阪府高槻市で2020年11月5日、菱田諭士撮影

 日本学術会議の新会員6人が菅義偉首相から任命拒否された問題。細胞生物学者で歌人でもあるJT生命誌研究館(大阪府高槻市)の永田和宏館長は、菅首相の姿勢を「学問そのものの否定だ」と警戒し、学術会議の意義を「いざという時に警鐘を鳴らし、最終的な防波堤の役割を果たすこと」と強調する。科学を取り巻く現状、日本社会への危機感は強い。【菅沼舞】

「批判精神なくしたら学者と言えない」

 ――日本学術会議の新会員6人が拒否された問題をどう考えますか。

 ◆「学問の自由の侵害」だと非難する声がありますが、「学問そのものの否定」という側面が強い。なぜ拒否したのかを首相が理由をはっきりさせないので推測するしかないが、(任命拒否された6人は)政権に批判的な意見を述べたことがある学者だから、という理由が考えられます。だが、学問は批判精神なくしては成り立たない。自然科学であろうと社会人文科学であろうと同じ。批判精神をなくしたら学者とは言えない。それを真っ向から否定している政府は、学問が何であるかを分かっていないか、あるいはあえて無視しているのか。しかも「批判精神はだめだ」といって任命拒否しているならまだしも、理由も言わないまま支離滅裂なロジックが国会で通っており、国会が国会でなくなっている。自由の侵害よりも学問そのものが侵されていく日本は非常に怖い。

 ――細胞生物学者としてはどう受け止めていますか。

 ◆サイエンスの根底にあるのは「人の知らないことを知りたい」「未知の原理を見つけたい」という思いです。先頭を切って新しい発見をしたり、誰も考えていない理論で世界を体系づけたりなどフロンティア、いわゆる「前衛」とし…

この記事は有料記事です。

残り4271文字(全文4969文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集