オンライン社会科見学が続々 海越えドイツからも 「どんな子も特等席で」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
キユーピーの工場の従業員と双方向でやりとりする「オンライン社会科見学」で、タブレットの前に座って質問する児童=東京都調布市の市立若葉小で2020年10月16日午前9時31分、成田有佳撮影
キユーピーの工場の従業員と双方向でやりとりする「オンライン社会科見学」で、タブレットの前に座って質問する児童=東京都調布市の市立若葉小で2020年10月16日午前9時31分、成田有佳撮影

 企業と子供をインターネット中継でつなぐ「オンライン社会科見学」が広がっている。新型コロナウイルスの影響で社会科見学などの行事が中止になるケースが増え、代替策として広まった。子供と企業側が地域を超えてつながる機会として注目が集まっている。

 「マヨネーズの食べごろが1カ月後なのはなぜですか」。10月、東京都調布市立若葉小3年の社会科の授業で、児童はタブレットに向かって問いかけた。接続先は食品会社キユーピーの挙母工場(愛知県)で、女性従業員が児童の疑問に答えた。

 調布市には長年キユーピーの施設があり、社会科見学の定番スポットだった。しかし、新型コロナの感染拡大防止で同社は全国の施設で見学を中止にした。代わりに9月以降、愛知県、神戸市、佐賀県の工場と学校をオンライン会議サービス「Zoom」で結ぶ取り組みを始めた。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文918文字)

あわせて読みたい

注目の特集