メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#全集中!「鬼滅の刃」考

「非王道」漫画はなぜ時代をつかんだのか エンタメ学者が説くヒットの法則

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。左から主人公の竈門炭治郎、同僚の我妻善逸、「柱」の煉獄杏寿郎=吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 あらゆるメディアで売れ続ける「鬼滅の刃」の人気を、同じエンタメ業界の人たちはどう見ているのだろう。アニメやゲームなどを手がける総合エンターテインメント企業「ブシロード」執行役員で、エンタメ社会学者でもある中山淳雄さん(40)は、「作品の質、マーケティング戦略、外部環境。全てが組み合わさって、転がるように時代をつかんだ」と語る。「BanG Dream!(バンドリ)」などの人気メディアミックスに携わってきた仕掛け人が見た、新しいメガヒットの法則とは――?【後藤豪/東京経済部】

圧倒的アニメの質と「母性型」ヒーロー

 ――他社のコンテンツで恐縮ですが「鬼滅の刃」、見ていますか?

 ◆2019年の10月ぐらいから漫画を読み始めて、見事にはまりましたね。当時の販売部数は単行本1冊30万~50万部ぐらいでしょう。それでもメジャーヒットなんですが、今では300万~400万部ですよね。漫画を読み始めた当時は、部数が10倍になる作品とは到底思えなかった。血もたくさん出るし、絵も劇画調というか、人の線を書き込みすぎていて、決してきれいな方ではない。舞台設定も、なんかおどろおどろしいと言った方がいいぐらい。「ニッチ(隙間<すきま>)ジャンルの中で、面白い作品が出たな」ぐらいに思っていました。

 ――それがこの爆発的なヒット。その原動力をどう見ているのですか。

 ◆まず声を大にして言いたいのは、アニメとしての質がめちゃくちゃ高いということです。他の作品に比べても格段に違う。「漫画で見たこの場面って、(実際は)こういう動作だったのか」と思うぐらい、コマとコマの間や背景を全部描き込んで、創造性がある。再構築というより、1から作ったと言っていいぐらい。

 記事で読んだのですが、第1話のために、3回も山のロケに行っているんですよ。そうやって、第1話を作るのに1年もかけている。普通ならロケハンは1回、1話を作るのにかける時間も多くて数カ月程度です。1話にかける費用って、普通なら2000万~3000万円ですが、鬼滅は1億円ぐらいかけているかもしれません。それだけのお金を用意したのがすごいこと。(制作に参加しているアニメ企画制作会社)アニプレックスさんの力が非常に大きいと思いますね。アニメに引きずられるように、結果として原作である漫画が売れていった感じがします。

 ――ストーリー面ではいかがですか? 「ニッチ」とおっしゃいましたが。

 ◆週刊少年ジャンプ発の大ヒットといえば、ドラゴンボールとワンピース。これらはまさにジャンプの王道ですね。戦いの中でチームワークを深めつつ、だんだん主人公が強くなっていき、最終的に敵を倒す。本人がヒーローであることが前提です。しかし、鬼滅の刃の焦点は、完全に「家族」ですよね。内にこもった感じがある。強さも求めてはいるんだけど、そこにあまり焦点を当てていない。戦う相手の事情なんかも描いて、慈しみながら、浄化していくような。「戦い」というより、みんなの中のこだわりとかわだかまりを解消していくような物語だな、と私は感じたんですよね。

 ――主人公が、マッチョなヒーローではない。

 ◆まったくないですね。炭治郎は慈しみ深い、いわば「母性」の塊。全然父性じゃないんです。それから、作者の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんが女性だからかもしれませんが、女性キャラがちゃんと一人間として描かれていて、全然添え物ではない。心情描写もそうですし、身体的にも、(鬼殺隊幹部「柱」の一人である)胡蝶(こちょう)しのぶが、力では負けるけど毒で倒すとか、リアルに描かれている。これも非常に印象的です。

 私はずっとエンタメに関する世論研究をやってきたのですが、みんなが理想とするものってひと世代ごとに変わるんですよ。みんなの心情として、いまスーパーヒーローものが出ても違和感しかないと思う。「あの時、はやったよね」という機能だけで保全されるから、ドラゴンボールもワンピースも残りはしますけど、ここから(人気を)上げていくものは、鬼滅の刃のように、女性や家族を中心に描くものになっていくんだろうなと。それが私の見方ですね。

作品と環境と受け手の心情が、転がるように大ヒットを生み出す

 ――鬼滅の刃がメガヒットに転じた時期は、新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた時期と重なります。そうした社会状況も、追い風になったのでしょうか。

 ◆そう思いますね。私はゲーム業界に長く…

この記事は有料記事です。

残り3770文字(全文5600文字)

後藤豪

 1981年、東京都生まれ。明治大学商学部卒業後、2005年毎日新聞社入社。青森支局、大阪本社社会部、神戸支局、甲府支局、東京本社社会部を経て、18年10月から東京本社経済部。生損保や証券業界のほか、ソフトバンクグループや楽天などIT企業を担当した。20年4月から総務省担当として、情報通信や郵政行政などを取材する。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです