特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Field of View

自由な観戦文化を封印 無観客開催のサーフィン・ジャパンオープン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
優勝を決め、東京オリンピックに望みをつないだ大原洋人=千葉県一宮町で2020年11月3日ⒸJAPAN OPEN OF SURFING
優勝を決め、東京オリンピックに望みをつないだ大原洋人=千葉県一宮町で2020年11月3日ⒸJAPAN OPEN OF SURFING

 海岸から聞こえてくるのは得点を知らせるアナウンスと押し寄せる波の音だけだった。東京オリンピック競技会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で開かれたサーフィンのジャパンオープン(10月31日~11月3日)。五輪最終予選の出場選手を決める大会は、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で実施された。

 「観客がいる方が選手はパワーをもらえる。(プロ)野球は観客が入っているので大丈夫だと思ってしまう」。男子で準優勝した稲葉玲王はそう話し、首をかしげた。海岸には競技スタッフや一部メディア、選手につき1人の帯同者だけ。好演技に拍手が湧くこともなかった。記者はインターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」の配信を見て、オンラインで選手に話を聞いた。

 サーフィンは他競技とは異なる観戦文化がある。入場券は必要なく、波に合わせて海を移動する選手の動きとともに、自由に海岸を歩き回りながら観戦できるのが魅力の一つだ。ところが今回は、普段開放されている海岸への一般人の立ち入りを禁止し、大会を無観客で開催した。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文954文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集