連載

読む写真

旬のニュースや話題をテーマに、その深層を写真でとらえます。

連載一覧

読む写真

Photo ぬくもりは届く コロナ防護服、高齢者施設が導入

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
8カ月ぶりの母・中島万里子さん(左)との面会で、防護服「メディコン」を着て抱き合う箕浦尚美さん=札幌市北区で2020年10月29日、貝塚太一撮影
8カ月ぶりの母・中島万里子さん(左)との面会で、防護服「メディコン」を着て抱き合う箕浦尚美さん=札幌市北区で2020年10月29日、貝塚太一撮影

 「お母さーん!」。母が入所する老人ホームの部屋に入ると、透明な風船のような膜で頭を覆う防護服を着た娘が肩を抱き寄せた。ほおずりはできなかったが、互いの体温を確かめるように手や顔をなで、8カ月ぶりの面会がかなった。

 札幌市北区の介護付き有料老人ホーム「フルールハピネスしのろ」では、新型コロナウイルス感染防止のため2月から入所者への面会を断ってきたが、10月から防護服の着用を条件に再開した。1日4組8人限定で、服の着脱時間を含めて1回30分。4月からはタブレット端末によるウェブ面会を続けてきたが、「実際に会いたい」という声は月日がたつにつれて大きくなってきていた。

 施設を運営する「萌(もえ)福祉サービス」の水戸康智代表(44)が「入所者の命を守りながら、ご家族の思いをかなえる手立てはないか」と考えていた時、この防護服をテレビで見て、すぐさま開発した会社にメールし導入を決めた。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1255文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集