メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

異変、人里にカモシカ 山中のシカ増加原因か 目撃情報相次ぐ

 人里での出没が相次いでいるのはクマだけではない。近年、高地を好み特別天然記念物に指定されている希少動物の目撃が各地で報告され、人的被害も出ている。山の生態系に何が起きているのか。その動物とは――。【道岡美波】

 群馬、新潟県境にそびえる谷川岳を北に望む群馬県みなかみ町の猿ケ京(さるがきょう)温泉に、思わぬ珍客が現れたのは10月4日の昼下がりだった。

 場所は、旧猿ケ京小学校(2008年に廃校)を活用した宿泊施設「泊まれる学校さる小」。“校長”の飯島健治さん(40)は、客のチェックアウト後、玄関前で黒っぽい動物がつぶらな瞳でこちらを見つめているのに気付いた。ニホンカモシカだった。「裏の林で遠くから見たことはありましたが、近くまで来たのは初めてでした」

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「都構想説明パンフは違法」 大阪市長らに約1億円返還求め住民訴訟

  2. コロナで変わる世界 国家ぐるみの偽情報にどう立ち向かう? インテリジェンス研究者に聞く

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. 元慰安婦賠償判決 差し押さえの可能性が否定できない日本政府の資産とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです