東日本大震災

「思い出の品」返却終了 来年2月末 写真は美術館に保管 気仙沼市 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災に伴う津波で大きな被害に遭った気仙沼市は13日、流されて持ち主が分からない「思い出の品」の返却作業を、震災10年の節目となる来年2月末で終えると発表した。このうち持ち主不明の写真は、市内の美術館で資料として保管、それ以外の品は供養して処分する方針。

 気仙沼市は、流れ着いた写真や位牌(いは…

この記事は有料記事です。

残り180文字(全文331文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集