東日本大震災

福島第1原発事故 二本松へ避難・来春休校の津島小 浪江の郷土料理体験 カボチャまんじゅう、紅葉汁 /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
浪江町津島地区の郷土料理、カボチャまんじゅうを作る須藤嘉人さん(左)と今野千代さん(中央)=福島県二本松市下川崎の浪江町立津島小学校で2020年11月13日、寺町六花撮影
浪江町津島地区の郷土料理、カボチャまんじゅうを作る須藤嘉人さん(左)と今野千代さん(中央)=福島県二本松市下川崎の浪江町立津島小学校で2020年11月13日、寺町六花撮影

柔らかく温かく顔ほころぶ

 福島第1原発事故で浪江町から二本松市へ避難し、来春に休校する町立津島小学校で13日、浪江町の郷土料理を学ぶ授業があった。唯一の在校生で6年の須藤嘉人さん(12)は、カボチャを生地に練り込んだまんじゅうや、サケが入ったみそ汁「紅葉汁」の作り方を町民から熱心に教わっていた。

 同校では総合学習「ふるさとなみえ科」で、浪江町についての理解を深めている。この日は、須藤さんの出身地である津島地…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文514文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集