メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ディスカバー農山漁村の宝 岐阜農林高、グランプリ 「GAP」取得支援 /岐阜

農家代表(右)から生産工程について説明を受け、GAPの基準を満たしているか点検する岐阜農林高の生徒たち=岐阜県羽島市で2019年7月、横田伸治撮影

 政府の有識者懇談会は、地域の特産品や文化を生かし、活性化に取り組んだ成功事例「ディスカバー農山漁村の宝」の最優秀賞に当たるグランプリに、国際認証「GAP(ギャップ)」の取得支援に取り組む県立岐阜農林高流通科学科(北方町)を選んだ。高校がグランプリに選ばれるのは初めて。

 岐阜農林高流通科学科は、農産物の安全性などを示すGAPを取得するためのノウハウを公表し、地域のコメ農家や柿農家の取得を支援している。GAP認証を受けた柿を使ったパスタ…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです