メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

自分の技ひたすら磨く 五輪でも金メダルを 世界大会3連覇 プロスケートボーダー・山本勇さん /滋賀

山本勇さん(17)=東近江市五個荘小幡町の五個荘中央公園で2020年10月18日午後2時57分、礒野健一撮影

山本勇さん(17)=大津市

 スケートボード・フリースタイルのプロ選手として活躍し、2017~19年の世界大会で3連覇を達成した山本勇さん(17)。スケートボードの魅力や自らのプレースタイル、今後の目標について聞いた。【礒野健一】

 ◆スケートボードを始めたきっかけは? 小学2年の時、フリースケートを遊びで始め、その後にインターネット動画で、プロスケートボーダーのロドニー・ミューレン(米国)のプレーを見て憧れ、スケートボードもやるようになりました。小学6年でプロも参加する大会に出場するようになり、2017年、中学2年の時に世界最大規模の大会「ワールドフリースタイル ラウンドアップ」で優勝し、プロ認定されました。

この記事は有料記事です。

残り1409文字(全文1716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです