メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古材で耐震シェルター 古民家向け 普及へ性能試験 福山市立大 /広島

重機で引っ張り、横向きの力による変形を調べた耐震性能試験=広島県福山市港町2で2020年11月6日午後3時43分、藤田宰司撮影

 福山市立大学の岡辺重雄教授(61)=都市計画学=の研究室が、古材をログハウスのように組み上げた「耐震ログ・シェルター」を試作した。耐震性能を調べる試験を6日公開し、1・6トンの重量に耐えることなどを確認した。

 耐震シェルターは、地震などで家屋が倒壊しても、逃げ込んで生き残る空間を確保する設備。家の一部を補強したシェルターや、寝室に設置するベッド型などがあり、家屋全体の耐震改修と比べると費用や時間が少なくてすむのが利点とされる。

 試作したシェルターは高さ2・4メートル、幅2・2メートル、奥行き1・6メートル。解体したアパートから出たマツの廃材40本を、学生が電動のこぎりで接合部の切り込みを入れるなど加工し、補強や固定のためのくぎや金具は使わずに組み上げた。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです