公立高入試 出題範囲、一部縮小へ 新型コロナ 今後の流行に備え /高知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県教委は13日、2021年度の公立高校入試の出題範囲を一部縮小すると発表した。新型コロナウイルスの今後の感染拡大に備えた措置で、県教委によるとこれまで公立高校入試の試験範囲を狭めたことはないという。

 今回、試験範囲から除外されるのは3教科の一部で、社会の「私たちと国際社会の諸課題」▽数学の「資料の…

この記事は有料記事です。

残り183文字(全文333文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集